最近の記事

  1. スポンサーサイト
  2. 美容整形で美しか瞳に
  3. ボトックス法は本当に安全?
  4. 美容整形で男性のパワーアップ
  5. ワキガは魅力的?
  6. 美容整形とアンチシジング
次のページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

美容整形で美しか瞳に

美しか瞳は、老若男女ば問わず、見る人の誰ばも魅了する、いちばんのチャームポイントやけん。そんため、自分の目にコンプレックスば抱いとぅ人も多かのでは? 一重まぶた、奥二重、腫れぼったとよい一重、または左右ちぐはぐ、などなど。 もし自分のイメージ通りの瞳ば手に入れられたら・・・そげん夢ば実現してくれるかもしれなかのが、美容整形(びようせいけい)。 実際、美容整形(びようせいけい)で「どこば変えたい?」と聞かれて、いちばん相談が多かのが目に関するこつだそうたい。「あたきの目ばふてえがってぇかして!」ちゅう、女性たちの声が聞こえてきそうたい。 ばってん、実際、「手術」と言われっと、どげんもこげんも不安があるとですよくさ。 「本当に希望通りになるのかしら?」 「もし失敗したら?」 「どげん方法があるのかしら?」 特に目は微妙な器官とら、視力に影響が出なかかも心配やけん。 目に関する美容整形(びようせいけい)には、大きく3つの方法があるとです。 1.埋没法 2.部分切開法 3.切開法 埋没法は、メスば一切使わず、髪の毛よりも細い糸でまぶたの内側から2、3箇所縫うだけやから、10分ほどで完了やけん。身体への負担も少なく、週末や休日にちびっと「プチ整形」したい人にお勧めやろうね。 部分切開法、切開法は、瞼の上のラインば少し切って、脂肪ば取り除きますとよ。部分切開法は手術時間が20~30分、抜糸に2日ほど掛かりますとよ。切開法は30~40分、5日ほどで抜糸できますとよ。 美容整形(びようせいけい)手術による視力への心配はなく、逆さまつげで眼球ば傷つけなうなるため良く見えるようになる、ちゅうこつもあるそうたいが、やはり手術とら、十分な事前のカウンセリングとアフターケアーが充実しとぅ安心できる機関で、信頼できる医師に手術ばお願いしたいもんやけん。
スポンサーサイト
美容整形と瞳 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ボトックス法は本当に安全?

「こん目じりのしわ、もうちびっと目立たなくならんかしら・・・。」 「ふくらはぎがもうちびっと細かったとよら・・・。」 決して大げさにではなく、こん「ちびっと」ば手軽にかなえてくれる方法のひとつとして、最近、にわかに注目ば浴びとぅとが、ボトックス法やけん。表情ジワ、小顔、ふくらはぎばほっそりさせる、多汗症の治療などに用いられますとよ。メスば使わなかので、身体的にも、精神的にも負担の少なか治療法やけん。 ボトックスちゅうのは、A型ボツリヌス毒素ば製剤化したもんで、アラガン社の登録商標製品やけん。A型ボツリヌス毒素とは、嫌気性菌によって生産される神経毒素のひとつで、主な作用は神経伝達ば抑制するこつやけん。眉間や目じりなどん筋肉部分に直接注入するこつで動きが抑制され、シワがなくなりますとよ。また腋などに注射するこつで発汗ば抑える効果が期待できるとです。 美容整形ばぐんと身近なもんにしたボトックス法やばってんがくさ、これはHIVなどん感染症のチェックば受け、すべて管理された状態で生成されたもんやなくてはなりましぇん。日本で唯一厚生省から認可されとぅとは、アエアガン社のA型ボツリヌス菌製剤(商標名:ボトックス)のみやけん。 ところが、最近、アラガン社のボトックスば使用しとぅと宣伝しながらも、中国製のBTXAば使用しとぅ美容整形機関が数多く存在しとぅとやけん。どげんに身近になったとよとしても、医療行為である以上、安全性が第1やけん。 「ちびっと」キレイになりたかったとよ・・・そげん「ちびっと」が悲しか結果ば招かなかためにも信頼のおける機関ば選ぶこつが重要やけん。
美容整形と安全性 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

美容整形で男性のパワーアップ

美容整形で男性がパワーアップする・・・それはいったとよいどうちゅうこつなのやろう? いったとよいどんごたる「美容整形」ばするのやろう? ばり興味ばそそられる人もおるのでは?男性はもちろん、これは女性にばり(口には出さなかばってん?)是非、知りたい情報ではなかやろうか・・・ね? 美容整形で可能な「男性のパワーアップ術」とは、主に次とようなもんがあるようやけん 1.長茎術 2.亀頭増大・強化術 3.ペニス増大・強化術 4.早漏治療 5.パイプカット 1の長茎術とは、身体のなかでたるんでしとっておるペニスば引き出して固定し、通常のペニスば長くする手術やけん。陰茎ば固定しとぅ靱帯の一部ば切除し、陰茎ば露出させるとです。非勃起時のペニスば平均2~5センチ長くするこつができるそうたい。方法には、「埋没陰茎長茎術」と「下腹脂肪吸引」があるとです。 2の亀頭増大・強化術とは、身体に無害な物質ば注射するこつで亀頭のハリと強度ば増す手術やけん。注入する物質は、コラーゲン、ヒルアロン酸、アクアミッド、脂肪などで、それぞれによって方法が異なりますとよ。 3のペニス増大・強化術も2と同様やばってんがくさ、注入する物質が異なる治療方法があるとです。ペニスリングば注入する方法と、シリコンボールば挿入する方法やけん。 4の早漏治療は、亀頭にコラーゲンば注入する方法がとられますとよ。感覚の過敏性ば改善する目的やけん。 5のパイプカットとは、正しくは「精管結紮(せいかんけっさつ)」とよか、男性側の避妊手術やけん。 「パワーアップ」の意味とは・・・おわかりになったとよやろうか?男性美の追求の一環としてのパワーアップ。男性も大変・・・なんやけんくさ。
男性の美容整形 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ワキガは魅力的?

運動した後のキラキラ光る汗は魅力的やけん。 でん・・・汗が臭う、いわゆる「ワキガ」は、世界でんまれな清潔好いとうの日本社会において、「臭い」として、まさに敵扱いされますとよ。 腋臭症、つまり「ワキガ」とは、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で強い臭いば発するもんやけん。ただし、興味深いのは、そん個人の属する集団によってそれがどれほど他人に不快感ば与えるもんととらえられるかに差が見られっとちゅうこつやけん。「ワキガ」の臭いば嫌う人が多か集団では、ワキガばもつ患者しゃんの多くがそれば過度に気にする精神状態に追い込まれますとよ。そんためワキガがうつ病などば併発する恐れがあるとです。また、実際にはワキガなどしておらんのに、ワキガがしとぅと勝手に自己判断し、自己臭恐怖症に陥っとぅ人も多く見られますとよ。そんごたる社会では、ワキガは治さなくてはならんもん! ちゅうこつで、それば持つ人は美容整形へ駆け込むこつになりますとよ。 日本においてワキガが敵扱いされるのには、大半がモンゴロイド人種から構成される日本社会で腋臭形質ばもつ人は少数派であっとちゅう事情もあるとです。一方、コーカソイド人種の一角ば構成する白人や、大多数がネグロイド人種である黒人では、腋臭形質ばもつ人のほうが、持たなか人よりも多かとです。そんため、日本でなら腋臭症として疎んじられる人、またはそう自認して憂鬱な気分に陥ってしまう人が、それば気にせん、あるいは異性にとっては魅力的とさえ感じられるこつもあっとよかますとよ。フェロモンとして機能するとです。 ワキガに対する意識の違いは、そん対処法にも反映されますとよ。日本の美容整形では、脱毛の処理によって腋に汗などん皮膚分泌物が多量に保存されるのば防ぎ、汗の分解量ば軽減して腋臭臭ば軽減させる方法がとられるこつがよくあるとです。また、手術によってアポクリン腺ば切り取ってしまう方法も一般的やけん。いずれにしても、日本社会におけるワキガへの扱いは過酷であり、ワキガそんもんば抹消してしまおうちゅうもんやけん。それに対し、西洋諸国では、香水文化が発達し、ワキガも含め、体臭ばより効果的に演出しようとする発想があるとです。 女性のみなしゃん、ご主人の、彼の、ワキガば魅力的と感じますか?それとも、いくら好いとうな人でんワキガは受け付けられなか・・・やろうか?
美容整形とワキガ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

美容整形とアンチシジング

「ついこん間まで、よちよち歩きの赤ちゃんやったのに、もう一年生? 大きくなったとよわくさ。」 「今年であなたも20歳。もう、大人ね!」 人間は誕生の瞬間からそん人生の最後の時まで、細胞組織レベルでは常に古い細胞組織は死んで常に新しかもんへと入れ替わっていきますとよ。そん意味では、年齢(age エイジ)ば重ねていく、エイジング、は、幼児期、児童期、青年期の段階から始まっとーと。幼い子どもに「大きくなったとよね」、ぴちぴちの20歳の女性に「大人になったとよね」は、褒め言葉やけん。エイジングは「成長」やからす。 でん?50歳過ぎたら?いえいえ、30歳過ぎたら・・・エイジングは、もはや成長ではなく「老化」やけん。美容整形の分野でアンチエイジングとは、こん自然な現象であるはずの老化に抵抗、対抗すっとちゅう意味で使われますとよ。ただ加齢ば停止するだけやなく、若返りまでん謳うとです。 美容整形における「アンチエイジング・・・若返り」作戦は、加齢ば感じさせる大きな要因である「シワ」「たるみ」「シミ」の治療に重点ばおきますとよ。 シワに対しては、ヒアルロン酸やエボレンスば注入し、しわの溝ば埋める治療法、ボトックス法によってシワの生成ば抑制する方法がとられますとよ。 たるみに対しては、皮膚ばぐっと引き上げてたるみば解消する、フェイスリフトがとられますとよ。 また、シミに対しては古い角質層ば取り除くために、ケミカルピーリングといったとよ治療が施されますとよ。 以上はあくまで一般的な治療法であり、個人の体質やそれこそエイジングの程度によって、また美容整形ば行う機関、医師の意見によっても選択肢は異なるやろうね。いずれにしても、加齢によるシワ、たるみは心のひだとして豊かに重ねっとして、外見はいつまばってん、アンチエイジングでぴちぴちとハリのある若々しさば保っていきたいもんやけんくさ。
美容整形と若返り | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。